読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモからモノに落としこむのが難しいと知ることも重要です

自分に義務付けることで習慣化しようとしている最中です。どうも僕です。

前回、ちょっと気まぐれにやってみたのですが、続けることに意味があると思ったので続けてみることにしました。

叩かれもしなければ褒められもせず、そっとお気に入り登録されるこの感じ、自分が普段していることだと気づいた時にはすでに遅し。今後の行動を改めようと思いました。とりあえず「今後この人とどう接していけばいいんだろう・・・」ってなっていなければ良しとしましょう。


sageszkのなにかしら #02



今回はこんな感じです。
・タイトルについて
・初めて食べたカツ丼/山の感動
・アイドルアニメについて少し語る

タイトルの話は、一応しておこうくらいなので気になる方は「ふーん」って思ってもらえればなと。あとは、ずっとふんわり考えてたテーマについて、ふんわり話してみました。自分の中では重要かつ面白いテーマかなと思ってるのですが、同じような感覚の人がいるのかなあというのも知りたくて2回目に持ってきてみました。

参考にしたツイートはこちらです。



あとは趣味、好きなことについて話すのがいかに苦手かというのもなんとなく察していただければと思います。こういうのは聞くほうが得意だし楽しいと思うんですけど、自分がどういうことを考えているのかをもうちょっと出したほうが良かろうと思ってがんばってみました。ちょっと変わった視点からアニメを観るという趣味です。色々とメモしていたこともあるけど、自分の中で完結して納得している話をあえて人に伝えてみるというのがなかなか難しいですね。

現場からは以上です。

人に感化されて行動するのは悪いことじゃないと思うという話から始めます

脳内で毎日ブログを書き続けること数年、ついにようやくキーボードを叩いて文章化する段階に至りました。どうも僕です。

表題の通り、皆が思う以上に感化されやすい僕ですが、過去に色々と触発されてきました。アニメを観てギターを弾いてみたり、アニメを観て吹奏楽熱が上がったり、アニメを観て百人一首やりたくなったり、アニメを観て戦車に興味を持ったり、アニメを観てアイドルになったり、アニメを観てアニメの作り方を学んだり、大変に忙しい日々を送ってきました。

そんな中、ある日Twitterを眺めていると、とあるPodcastがどんぶらこ、どんぶらこと流れてきました。なんじゃいなこれは、と思いつつ聴いてみると、これはとても良いものだと気づいてしまいます。それからの数日間、ああでもないこうでもないと悶々しながら生活していましたが、ついに決心してやってみることにしました。これがやっていきの精神となるのであれば幸いです。


sageszkのなにかしら #01



期待せずに聴いて欲しいというか、期待なんぞ存在しないかと思いますが続けばいいかなあと思いながらやっていこうと思います。やっていきたい。

出来ればPodcastにアップしたかったんですが、ちょっとめんどくさそうなのでYouTubeにしました。が、YouTuber的な土俵に上がろうとしているわけではなく、Twitterで140文字以上打ちたいときに手がかじかむ季節だから適当に喋って動画にしました、ぐらいの雑な心意気です。好きなことで生きていけるほど甘くねえんだ、実際。

現状の生活に色々と思うところがあったりなかったり、「自分のやりたいことを探すために大学に行っている」という雫の姉を馬鹿にできないぐらい迷走した日々を送っていますが、私は元気です云々。セコセコとメモ帳に書きなぐったアレコレを一人で抱えてモヤモヤしているよりは、喋って、ぶちまけて、誰かに共有してみたらどうなるかなあ、ぐらいのもんです。

幸い、自分の喋りや文章を好んでくれる方もいらっしゃるようなので、そんな人が少しでも増えたらうれしいなという思いもあります。日々、問題意識は無限に湧いてくるのでテーマはそこそこ尽きずに済むと思っていますが、湧いてくる問題に対しての対処が浅い部分も多々あると思うので、各自で補完するなりしてもらえるとより楽しいのかなと思います。

今回は、「引越しの話」「スイッチの入る瞬間」「ステ振り問題」みたいなテーマでだらだらと話してます。固すぎず、柔らかすぎず、ともすればグチャッとしたぐらいの感じに思われる方ももしかしたらいるかも知れませんが、方向性含め、話し方や掘り下げ方なども徐々に定まっていければいいなあと思っています。

なんやかんや言ってますが、やっていて楽しくなくなったら辞めます。

(あ、冒頭で言ってた某PodcastというのはやっていきfmというPodcastです)
yatteiki.fm


現場からは以上です。

漫画やアニメにおけるキャラクターの転機の描き方が気になった

 最近1ヶ月ぐらい何かを書こう、書こうと思いつつ夢のなかで妄想膨らませて終わっていたのですが、授業で話のネタになりそうな題材を扱っていたのでご紹介します。

 授業をざっくり説明すると、情報社会におけるキャリアデザインを考える授業で、自分はその授業のアシスタントで働いています。流れとしては情報社会の事例とキャリアデザインに関することとを2〜3コマずつ交互に繰り返して展開される授業なのですが、今回はキャリアデザインに関するものでした。1回の授業内で講義と演習をどちらも行い、Twitterでフィードバックも行う双方向性の高い授業なので毎回の演習で学生が発言する意見が楽しみだったりするわけですが、ここで取り上げるのは演習で行った「ドラマや映画、漫画などの物語の登場人物にどのような転機があったか」というもの。そこで、最近色々とアニメを観ているので何か例がないかなあと考えてみるに至ったのでした。

 授業で事例として挙げられたのは、『魔女の宅急便』の主人公キキがホウキで空を飛べなくなるというスランプを抱えて、人との出会いを経て克服するというU字型のモデル。ストーリー上でキャラクターの動きを追うと「あることが出来る状態」→「スランプに陥る」→「出来るようになる」という3つの状態を移行しますが、授業で取り扱ったブリッジズの『トランジション』という本では「終わり(終焉)」→「中立(ニュートラル)」→「始まり(開始)」という状態の移行を示しています。この中立状態では無理して移行すべきではない、中立状態を楽しむのだ、などなどあるのですが、要するにこのU字型モデルの大喜利がやりたかったわけです。

転機の起きやすいスポーツジャンル

 とりあえずわかりやすく転機が訪れて状態が変わるジャンルとしてスポーツがあります。庶民シュートすら決まらなかった不良バスケ漫画や、弟の死が否応なしに転機となった双子野球漫画など、わかりやすい事例が多そうです。中学時代に一度戦ってライバルだと思っていた相手と同じチームになるバレー漫画や、通学路でたまたま競走になったことがきっかけで自転車競技を始めることになったロードレース漫画など、最近の作品でもヒットするものは主人公の転機がハッキリしていて、さらにサブキャラクターたちも転機がちゃんと描かれています。

 特に『弱虫ペダル』では、ウサギを轢き殺してしまった新開さんがトラウマとして転機を迎えていたり、福富さんがインターハイで金城さんを引っ張ってしまったことを1年間心に抱えていたりと中立期間がちゃんと描かれている点が特徴的です。ハコガクだけ何故そんなに闇を抱えていたのかわかりませんが、物語上ライバルに属する高校にこういうキャラクター付けをしているのは気になりますね。例に挙げた2人とも特に無理矢理に克服しようとせず、時が来たときに解決し成長しているのはトランジションモデルに合致しているように見えます。

 スポーツだけでなく、部活系全般、音楽やアイドル系なども似たような感じに描かれていそうですが長くなりそうなのでアイカツ!、じゃなくて割愛。

まとめ(まとめるとは言ってない)

 アニメなり映画なり何なりを評価する時、他の人はどういう視点で評価しているのか? という疑問がずっとあったので、そのうちの1種として転機というものもあるよね、というところが落とし所でしょうか。監督や制作会社、声優などの作り手が絶対の人もいれば、ロボットやスポーツ、ラブコメや日常系などジャンルで高評価の人もいるでしょう。売上や実況の伸びといったリアクションが基準の人もいれば、曲がよければ全て良しの人もいるはずです。その中の一つに、いい転機の描き方みたいなものが加わってもいいのかな、と思ったのでした。

 ちなみに、今日その視点を意識し始めたので最高の転機を描いた作品は何なのかというのは見つかっておりません。

トランジション ――人生の転機を活かすために (フェニックスシリーズ)

トランジション ――人生の転機を活かすために (フェニックスシリーズ)

授業用ハッシュタグを大量のアニメアイコンが占拠しに来た件。

  • #led2012とは何か

先日、#led2012というハッシュタグを利用している授業でちょっとしたトラブルがありました。端的に言うと、授業用ハッシュタグが荒らされました。#led2012というハッシュタグは、2010年から年度ごとに数字を変えて利用してきたハッシュタグで、まあ言ってみれば去年の時点でほぼほぼ利用することが決まっていたハッシュタグです。多少、同じハッシュタグを英語圏で利用されている様子も伺えたのですが、明らかに書かれている言語も違うのでぶっちゃけ同一ハッシュタグの多言語利用は可能なのでは?と僕自身は思ってました。この件はひとまず置いておいて、今回書きたいのは、よくわからないアニメアイコンさんたちが多数来訪なさって、意味不明な言葉を書き残していったという事例についてです。どんなツイートが来たのかという簡易分類と、一部リプライによるインタビューを行ったのでその結果を書いてみたいと思います。

  • 思考停止で楽しいTwitterライフ

様々な意見が寄せられて正直楽しいところもあったのですが、あまり喜んでもいられないので寄せられたツイートを眺めてみました。すると、いくつかのパターンに分けられそうなので分けてみたのが以下になります。

思考停止系
・とりあえずアニメ実況
・とりあえずよく見るコピペ貼る
・とりあえず大学側を煽る
・とりあえずRT
・とりあえず下ネタ
・とりあえず慶應ネタを貼る(アカウントで早稲田と明記してあったから?)
Twitter関連
Twitterでやるからこうなる
・ハッシュタグが安易
リテラシーが低い

などなど。見た感じほぼ思考停止してました。フォローしている人がなんか書いてるからとりあえず自分も参加するか、的な発想の方々。前半の思考停止された方々はふぁぼRT稼ぐだけの人生をがんばって生きていただければと思うのですが、後半についてはいくつか直接リプライで聞いてみた部分もあるのでその辺触れてみたいと思います。

  • 「大々的に告知するな」←??

ざーっと眺めて、話ができそうな方が3名ほど見つかったのでリプライを飛ばし、どういうことなのかを聞いてみました。

  1. 1人目



「人様のインフラ使って、勝手に「ハッシュタグ使ったら授業妨害だ」とか言うの、どういうクスリ使ったら出きるんだろ」
こちら、悪意のあるツイートが来たら邪魔だと思いませんか、嫌な思いするじゃないですか、と聞いたところ、「悪意を止める手段がないから迂闊」と言われました。Twitterでやってる以上、外部からのツイートが想定出来てないなんてことはさすがにないです。今回のは、明らかに悪意の波がいきなり押し寄せてきたので、対策を色々考えているうちに授業時間が終わってしまいました。確かに、止める手段は特に考えていませんでしたので迂闊でした。僕が気になったのは「どういうクスリ使ったら云々」のところだったのですが、そういう芸風だそうなので気にしないことにしました。

  1. 2人目



これ大々的に告知しなければ部外者からの荒らしは防げたよね?
一番気になったツイートはこれです。「大々的に告知」という箇所。色々聞いたのですが結局教えてくれませんでした。残念。フォロワーが100ちょっとのアカウントで、せいぜい視聴範囲が200未満と予想されるハッシュタグのツイートが「大々的」と評価される所以がわかりません。巡り巡って、遊びに来た方々のRTによって「拡散」されたのはわかります。でも、「大々的に告知」というのが本当にわからないのでわかる方いたらフォローお願いします。

  1. 3人目



よくわからんジャーナリストとか研究者気取りが、よくわからん理屈でクローズドではない場で活動してるのに、茶々入れたら怒られた、みたいな

僕にとってはいちゃもんつけたかっただけなのでは、としか思えなかった方。何故か僕に対して「学問向いてないよ君」と連呼してきており、また、理解できない拡大解釈による誤読をなさっているので結局相容れない感じでした。

今回の一件を受けて、色々考えさせられました。システム上、他者の乱入を許すことは理解しています。ただ、その弱みにつけこんで荒らしてもいい、何をやってもいいという解釈をしているユーザーが思ったより多く見受けられました。この辺、どうしてこういう考え方をするようになったのか非常に気になります。

そして「このハッシュタグなに?」って書き込む人の多いこと多いこと。前後の文脈をまったく読もうとせず、聞いたら教えてくれると信じている人なのか、まとめブログに慣れきってしまっていて調べる行為を忘れてしまった人なのかわかりませんが、とにかく理解しないままいわゆる“祭り”に参加することで満足する人が多いと感じました。祭りがあったら参加する、いわゆるVIPPER的な考え方が非匿名のTwitterで行われていることに驚きました。ほんとに。自分で“キチガイ”とか名乗っている、「自分では何も生み出せないので、他人が先にやった、周辺コミュニティでは受け入れられることが保証されている行動」しかできない人たちが非常に多いことに改めて気付かされました。そして、“キチガイ”を名乗っているから何をしても許されると思っていたり、その“キチガイ”をふぁぼやRTすることで数値という評価を与えてしまい、結果的に自分が社会的に承認されているという勘違いを助長させてしまったりしているような気がしてます。この辺あまり詳しくなくて肌感なので、正解・不正解の判断は社会学系の頭のいい人たちに任せます。

個人的には「パクツイ」なるパクリツイートとか、「ふぁぼ爆」とか言い出した辺りから勘違いした人たち増えてきてる感じしますけどどうなんでしょうね。

謎の日の業務日誌

昨日はいろいろと非日常が重なって非常に謎の日だったが楽しかった。

Twitterで「最近インスタント食品を食べるのがつらい。野菜とかうどんとかそういうのが食べたい」 的なことをつぶやいたら「弁当あるんで食べてください。秋葉原にいます。」というリプライが飛んできたので秋葉原へ。弁当の相手は就活で秋葉原に用があったようなので弁当を受け取り一時解散。マクドナルドでアメリカンチェリーシェイクを頼み、ついでにそこで弁当を食べていると「用事が終わったら秋葉原に行くかもしれない」という連絡が別の友人から入ったので、カラになった弁当箱を返却しつつ「ヤツがくるかもしれない」と告げファミレスで待機がてら雑談。就活の相談には乗れないけど、という前置きをしてからいろいろな話をしていると「秋葉原についた」と言うので合流して20%オフの交渉に成功した謎の居酒屋へ移動。2杯ほど飲み、さらにもう一人合流して喫茶店で雑談。雑談とはいえいろいろと今後の活動に取り入れられそうな話もあり、非常に盛り上がる。
解散の後、約束より2時間ほど遅刻して新宿に到着。メシの約束があったのだ。時間が時間なだけに空いてる店もほとんどなく24時間開いているスタメシに入る。最寄り駅が同じなので電車で謎のIT・コンテンツ系話をしながら帰宅。

というのがあり、ブログどころかほとんど勉強も進まずといった日だった。

 

今日は、人科ラジオについてのミーティングの予定があったため大学へ。
ちょっと早めに大学についたので開放閲覧室という図書館の前の謎スペースで勉強するかー、とパソコンを開いていたところ「すいません、ネットに繋がらないんですけど」と声をかけられた。話を聞くと、新入生で昨日買ったパソコンが学内無線LANにつながらないから困っていたようだ。時間もあったので親切丁寧に教えてから新歓の話とかどんな科目とるかとかそういう話をひたすらしていた。40〜50分ほどたっぷり話してから人科ラジオミーティングに参加。俺的にはクソおもろい企画がひとつ思いついたのだけど実現可能かどうかはまだわからないので、今後に期待といった感じ。伝えたい情報があるときに、どういう順序で公開していけば伝えたい人の目(耳)に情報が届くのかが個人的な疑問であり課題。その後、尾澤研初の通学生の院生がなんと他大からやってきたので履修登録のお手伝いをした。学部のものと比べて数が少ないのに単位のシステムがちょっとわかりづらくてめんどくさそうだなあと思いながら見てた。他大から来るとwasedanetportalの使い方から覚えなきゃいけないし大変だろうなと思った。

というのがあり、今日も勉強はできてないっていう感じであわあわしてる。

こういう業務日誌ではないけど日常の様子をまとめておかないと、大学生でも院生でも会社勤めでもない生活で自分が何をしているのかわからなくなるからこまめにメモしていこうと思う。勉強系の日記はこっちに書きます→http://d.hatena.ne.jp/sageszk/引用したりとかいろいろするのがはてなダイアリーのほうが便利そうなので。こっちは日常の業務日誌的なことと、本とか映画とかの感想とか書きたかったら書くような場所で日記っぽい方面で使いますわ。

でわでわまた。

宅浪とフリーランスを無理矢理結んでみた。

 

Twitterで、

 

みたいなことを書いたので、宅浪の時のような感じで生活してみようと思う。

宅浪(仮面浪人)の時の勉強法で自分なりに気をつけていた事は大きく分けて3つあった。

  1. やったことを記録する
  2. 1日を2日に分ける
  3. 最終目標から逆算する

せっかくなので少し詳しく書いてみる。

  1. やったことを記録する
    これは単純に「今日何をやった」を手帳に書いていっただけだ。 
    だいたいこんな感じで書いていった。

    f:id:sageszk:20120403010212j:plain

    今改めて見ると非常に恥ずかしいのですが、このノート(手帳)はほぼ日手帳2006。起きた時間と、何をどれだけやったかを記録していった。ちなみにこの画像に載っているのは左のページが11月29日(水)、右が30日(木)。ご覧のとおり、宅浪だったので起きる時間もバラバラでやってる内容もバラバラである。
    このメモのような日記は今からでも出来るので少しずつやっていこうと思う。今年もほぼ日手帳を買ったので紙にとりあえずメモして、、ブログにも載せようかなあ。 

     
  2. 1日を2日に分ける
    当時、実家に住んでいたので確実に親が起こしに来ていた。 13時前に昼飯、20時頃に夕飯である。このほぼ確実に起きられる目覚ましを利用して1日を2日に分けていた。なんかのテレビで、記憶を強化するには睡眠をするべきという話があったので睡眠の数を増やせばいいんだろ?という思いと単純に疲れて眠かったのとあって1日に2回寝ていた。受験生の中では割りと寝ていた方だと思う。
    この生活をいまやろうとするとかなり厳しいのでおそらく実現はできないだろう。ただ、卒論を書くときに睡眠時間を確保することを優先順位の上の方に置いていたので、なんとなく当時の感覚が染み付いているのかなあと思った。
     
  3. 最終目標から逆算する
    もちろん「受験合格」 が最終目標であったので、過去問から逆算をしていた。どういう分野の問題が出るからどの参考書をやるといい、というのを2chの大学受験板等から情報収集し、実行していた。ただ、最終目標だけを目の前に掲げてもやる気が起きないので「最終目標→1ヶ月目標→週間目標→一日にやること」という感じで分割していった。宅浪していたときは1ヶ月目標を模試にしていた。ネットで探すとちょうどいい具合に1ヶ月おきぐらいに模試があったので、模試で弱点を発見してをそれを次の模試までに克服しようという目標を立てて勉強していった。
    これから一番気をつけるべきはここの部分だと思っていて、まず今の自分に最終目標が特に無いのが問題なのである。なんとなく考えているのは、院に行く?就職する?借金(奨学金、入学金、学費等)を全部返す? とか曖昧なのでもうちょい具体的にしたい。

そんな感じで、短期目標としてテキストマイニングをやろうと思います(唐突)。テキストマイニングの対象は、自身のツイート。その中の特に授業実況をしたツイートに対して何か出てくるかなあという期待を込めて何かしらの分析をしてみたい。
4月中になんかしらの結果を出すことを目標にがんばってみる。

部分的な目標

  • ツールの理解とおおざっぱなテキストマイニング用の統計技術の理解
  • ツールの理解続きとデータの加工
  • データの分析

ぐらいの分け方で3〜4週間かけて実況ツイートの分析をやれればなあと。これが早いのか遅いのかわからないけども、1年かけてデータマイニングを習得することを目標に勉強する。 

 

上記二冊を主に使いたいと思います。

でわでわ。

プロフィール

Twitterhttps://twitter.com/#!/sageszk
Facebookhttp://www.facebook.com/sageszk
Ustreamhttp://www.ustream.tv/user/sageszk

 

アニメをよく観ています。

2012年大学卒業、現在も大学に通っています。