授業用ハッシュタグを大量のアニメアイコンが占拠しに来た件。

  • #led2012とは何か

先日、#led2012というハッシュタグを利用している授業でちょっとしたトラブルがありました。端的に言うと、授業用ハッシュタグが荒らされました。#led2012というハッシュタグは、2010年から年度ごとに数字を変えて利用してきたハッシュタグで、まあ言ってみれば去年の時点でほぼほぼ利用することが決まっていたハッシュタグです。多少、同じハッシュタグを英語圏で利用されている様子も伺えたのですが、明らかに書かれている言語も違うのでぶっちゃけ同一ハッシュタグの多言語利用は可能なのでは?と僕自身は思ってました。この件はひとまず置いておいて、今回書きたいのは、よくわからないアニメアイコンさんたちが多数来訪なさって、意味不明な言葉を書き残していったという事例についてです。どんなツイートが来たのかという簡易分類と、一部リプライによるインタビューを行ったのでその結果を書いてみたいと思います。

  • 思考停止で楽しいTwitterライフ

様々な意見が寄せられて正直楽しいところもあったのですが、あまり喜んでもいられないので寄せられたツイートを眺めてみました。すると、いくつかのパターンに分けられそうなので分けてみたのが以下になります。

思考停止系
・とりあえずアニメ実況
・とりあえずよく見るコピペ貼る
・とりあえず大学側を煽る
・とりあえずRT
・とりあえず下ネタ
・とりあえず慶應ネタを貼る(アカウントで早稲田と明記してあったから?)
Twitter関連
Twitterでやるからこうなる
・ハッシュタグが安易
リテラシーが低い

などなど。見た感じほぼ思考停止してました。フォローしている人がなんか書いてるからとりあえず自分も参加するか、的な発想の方々。前半の思考停止された方々はふぁぼRT稼ぐだけの人生をがんばって生きていただければと思うのですが、後半についてはいくつか直接リプライで聞いてみた部分もあるのでその辺触れてみたいと思います。

  • 「大々的に告知するな」←??

ざーっと眺めて、話ができそうな方が3名ほど見つかったのでリプライを飛ばし、どういうことなのかを聞いてみました。

  1. 1人目



「人様のインフラ使って、勝手に「ハッシュタグ使ったら授業妨害だ」とか言うの、どういうクスリ使ったら出きるんだろ」
こちら、悪意のあるツイートが来たら邪魔だと思いませんか、嫌な思いするじゃないですか、と聞いたところ、「悪意を止める手段がないから迂闊」と言われました。Twitterでやってる以上、外部からのツイートが想定出来てないなんてことはさすがにないです。今回のは、明らかに悪意の波がいきなり押し寄せてきたので、対策を色々考えているうちに授業時間が終わってしまいました。確かに、止める手段は特に考えていませんでしたので迂闊でした。僕が気になったのは「どういうクスリ使ったら云々」のところだったのですが、そういう芸風だそうなので気にしないことにしました。

  1. 2人目



これ大々的に告知しなければ部外者からの荒らしは防げたよね?
一番気になったツイートはこれです。「大々的に告知」という箇所。色々聞いたのですが結局教えてくれませんでした。残念。フォロワーが100ちょっとのアカウントで、せいぜい視聴範囲が200未満と予想されるハッシュタグのツイートが「大々的」と評価される所以がわかりません。巡り巡って、遊びに来た方々のRTによって「拡散」されたのはわかります。でも、「大々的に告知」というのが本当にわからないのでわかる方いたらフォローお願いします。

  1. 3人目



よくわからんジャーナリストとか研究者気取りが、よくわからん理屈でクローズドではない場で活動してるのに、茶々入れたら怒られた、みたいな

僕にとってはいちゃもんつけたかっただけなのでは、としか思えなかった方。何故か僕に対して「学問向いてないよ君」と連呼してきており、また、理解できない拡大解釈による誤読をなさっているので結局相容れない感じでした。

今回の一件を受けて、色々考えさせられました。システム上、他者の乱入を許すことは理解しています。ただ、その弱みにつけこんで荒らしてもいい、何をやってもいいという解釈をしているユーザーが思ったより多く見受けられました。この辺、どうしてこういう考え方をするようになったのか非常に気になります。

そして「このハッシュタグなに?」って書き込む人の多いこと多いこと。前後の文脈をまったく読もうとせず、聞いたら教えてくれると信じている人なのか、まとめブログに慣れきってしまっていて調べる行為を忘れてしまった人なのかわかりませんが、とにかく理解しないままいわゆる“祭り”に参加することで満足する人が多いと感じました。祭りがあったら参加する、いわゆるVIPPER的な考え方が非匿名のTwitterで行われていることに驚きました。ほんとに。自分で“キチガイ”とか名乗っている、「自分では何も生み出せないので、他人が先にやった、周辺コミュニティでは受け入れられることが保証されている行動」しかできない人たちが非常に多いことに改めて気付かされました。そして、“キチガイ”を名乗っているから何をしても許されると思っていたり、その“キチガイ”をふぁぼやRTすることで数値という評価を与えてしまい、結果的に自分が社会的に承認されているという勘違いを助長させてしまったりしているような気がしてます。この辺あまり詳しくなくて肌感なので、正解・不正解の判断は社会学系の頭のいい人たちに任せます。

個人的には「パクツイ」なるパクリツイートとか、「ふぁぼ爆」とか言い出した辺りから勘違いした人たち増えてきてる感じしますけどどうなんでしょうね。