読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムの煌めきはいつもここに

年の瀬になってしまいました。

もう2016年も終了間近、2017年とかいう未来がやってきます。2017、素数


sageszkのなにかしら#06


今回、訳ありまして、ひたすら『プリティーリズム』について話してます。本編とは関係ない部分ですが、前回に引き続きスカイプ用のマイクを使ったため、どうしても音質が気になるので、次回、来月、来年、から改善します。申し訳ない。

本当なら、というか、数字がほしいだけなら、キンプリ全盛期に行動しておけよという話なのですが、数字自体はそこまで気にしてないのでこういう時期になりました。『プリティーリズム』は、元々ニコニコ動画でコメントと合わせてネタ的に、笑いながら観てたのですが、後半から急に怒涛の展開が押し寄せてくるので妙にツボにハマってしまったというのが事の発端だったりします。

あるいは、『人造昆虫カブトボーグVxV』とか『探偵オペラミルキィホームズ』とか『カードファイト!!ヴァンガード』とか、オープニングのコメントに統一感のある作品を観ていて、その流れとして観てたような気もするのですが、まさか女児向けのアニメにハマるとは思ってもおらず。同じ女児向けとはいえ『プリキュア』はある程度大人に向けても作っているというウワサも耳にするうえに、シリーズモノなので歴史もあるので知識として触れてきている人も多いと思うのです。一方『プリティーリズム』は、狙って見つけないと触れることはないが、確実にファンの心は掴んでいるというタイプの作品。知名度的には『アイカツ!』のほうが上だったり、後継作『プリパラ』のほうが知られてたりするかと思います。が、ここであえての『プリティーリズム』。

6. sageszkのなにかしら 第6回 | sageszkのなにかしら


自分的には、インターネットにおいてはど真ん中のアニメばかり観てきたつもりだったのですが、ここにきて大変ニッチな市場に飛び込んでしまっている気がします。以後、ニッチなアニメにどっぷり浸かっていくのですが、それはまた別のお話。ともあれ、新作アニメがガンガン作られつつ、延期や中止も多い昨今、こうして4クール、1年続くアニメを観られるというのは大変貴重な体験だと思います。なんでもいいから、というと無責任ですが、たまにはじっくり50話を越える物語にお付き合いしてみてはいかがでしょうか。

それでは、良いお年を。