25時間目の作業

吉本隆明さんの言葉に「書くことは25時間目にやれ」というものがある、というツイートを見かけた。たしか、24時間は生活をして別の1時間を使ってでも書くという行為をしろ、というような趣旨。自分が見かけたツイートはどこか遠くに消えていってしまったけど、検索してみたら確かにそのようなニュアンスのことを当人が言っておられたようだ。

現在午前3時だが、寝ようと思った瞬間にこの言葉をふと思い出したので25時間目の作業を行えという啓示なのだと解釈、ついでに去年を軽く振り返る。2017年はとにかく色々なことをやったようで、実はそんなにやっていないような、なんとも言い難い気持ちのまま年を明けた。2007年に大学入学と共に上京し、途中半年間の帰省を挟んだが東京での独り暮らしが10年目となったのが2017年。この年、上京して初めて大学に行く積極的な用事が無くなった。

2012年に大学卒業して以降も、アシスタントとして2016年まで大学に週1回通い続けていた。しかし、担当教員が海外研修に行くことになったため、初めて大学に行かなくなったのだ。まあ1年時(7単位取得)、2年時(10単位取得)もほとんど大学には行ってなかったのだけど。大学に行かなくなったことをあえてこうやって書くのは、自分にとってはこれまでとは何か違う1年になったからだ。大学に行くということについて、いくつかの要素が思い当たるが、どの要素が強い影響を与えているのかはわからない。

・通学バス
・大学の環境
・授業中の教室
・学生の意見発表
・教員、院生、ゼミ生との会話

これらのどれかなのか、単純にサブの居場所があることが大事だったのか。とにかく「週1回、仕事とは別のことを確定で行う場所がある」というのが自分にとってはすごく重要なのだと思った。

一方、現在主な収入源となっている仕事、いわゆる本業の方は、大学への出勤のため発生していた“固定で動けない曜日”というのが無くなったため、作業量が増えた。一時期は異常に増えた。毎週1本以上の納品が、1月1週目から12月最終週まで毎週あった。自分の立ち位置としては、主にプロデュース、ディレクション、マネジメント、といったところ。諸々の事情から制作のスケジュールが遅れがちになるタイミングで何度か諦めそうになった。が、全部一応なんとかなった。学びとしては、動き始めるのは早いに越したことはない、という感じか。

こうやって、立ち位置の部分で偉そうな名前のポジションを書いたけども、いまいち自分が持っているスキルというものを客観視することが難しくて、正しく把握できていない。ので、持っていると思われる技術の棚卸しをしなければならないと感じている。昨年、大学へは行かなくなったものの、新規で個人的に携わる案件が3~4件ほど発生した。それがたまたま、いずれも求められているスキルが違うときたもんだ。そういうのも含めて、毎年同じ働き方をしているわけではないから、自分が今何をすることができて、以前と比べて何ができるようになって、今後何ができるようになっていたいか、といった部分を整理しておいたほうがよさそう。

今年は、昨年末に大流行して、自分の中でも心に深く刻まれた「やらなければ、はじまらない」を信条に挑戦していこうと思っている。まずは、手始めに先週ぐらいからBlender(3DCG作成ソフト)に手を出してみたのだが、何かお見せすることができるようになるにはまだまだ先が長そうである。

文章にて近況報告12月

ハイ、ドーモ!

最近、Podcastを本格的に雑な感じで更新しています。

どのくらい雑かというと、更新日が下記の様な感じになってまして、11月後半から気持ち切り替えてやっていこうぜ、と思ったんでしょうか。何も考えてなかったのですが、初アップロードからちょうど1年という日から再開してて面白いですね。

第1回 2016年11月21日
第2回 2016年11月29日
第3回 2016年12月06日
第4回 2016年12月13日
第5回 2016年12月20日
第6回 2016年12月27日
第7回 2017年04月11日
第8回 2017年04月16日
第9回 2017年04月18日
第10回 2017年11月22日
第11回 2017年11月23日
第12回 2017年11月24日
第13回 2017年11月25日
第14回 2017年11月26日
第15回 2017年11月28日
第16回 2017年12月06日
第17回 2017年12月07日
第18回 2017年12月08日

sageszk.github.io

初回から聴いて頂けると、何かやろうとしていたんだなというのは多少伝わるんじゃないかなと思います。だいたい15分ぐらいを目安に喋っているので、聴けそうなタイミングで適当に暇つぶしに使ってください。ただし、身になる話などはほぼないので、予めご了承ください。

ブログなり個人サイトなりテキストサイトなりというものを好んでさんざん読んできたというわけではないにしろインターネットに20年近く入り浸っていれば意に介さずとも目にする類のものです。特に知識を獲得した、学びがあった、知見を得た、みたいなものではなく、ただ単に「おもしれーなこいつ」という感情から来る「次、はよ」という気持ちは今でも忘れられません。

元々、インターネットで自分が「面白いなあ」と思っていたものが、素人制作のコンテンツで、お金の臭いが少ないものだったりするので、妙に商業臭がするなあと思ったものは避けて通ってきました。恐らく、どのタイミングでも乗っかっていけばそれなりに稼げたし、名前も売れたんじゃないかと思うのですが、そういう波乗りが下手くそなので、Podcastをやるにしても、どうもこういう感じになってしまいます。

高校生のころ〜大学生になりたてぐらいの頃、自分ぐらいの年齢のオニイチャンたちがインターネットで楽しそうにしていたのを見てきたので、そういうことができたらいいなあと思いつつ喋っているのですが、その人達に近づけているのかなあというのが不安、だったりします。

そんな感じで、誰かが「おもしれーなこいつ」と思ってもらえれば良いなあという気持ちを持ちつつ、適当に生きてます。なにとぞ。

10月は12月へのカウントダウン

10月になったので、もうまもなくということで、どうしようもなくて、キーボードを叩く。

色々思うところあって、人生のひとつの通過点である30歳という年齢を目前にして一度自分をいう人間を振り返る必要があろうかと思い、とにかくここはブログの出番だろうという感じで書こう、書こうと思い続けて半年近く。

生きている時間の大半を仕事に費やすことになるとは知らなかった学生時代が終わり、大学を卒業して5年という節目を迎えた今年。なんだかんだで生存し続けているわけですが、いまだどういう生活をしているのかあまり周囲の人たちにお伝えすることもないままなので、「何する人ぞ」と思われているのではと危惧しております。ある人は「あいつはまだ大学生なのでは」とか思っていたり、いなかったり。そういったところもあり、そろそろ色々話もできようかと思いましたのでこうしてブログというものをしてみます。

「いまはインプットの時期だ!」「アウトプットをせねばならぬ!」などといった脳内で起こるもはや意味のない自分VS自分の抗争に終止符を打つことが出来ず、ただただ無益な時間を浪費するばかりの日々でしたが、出来る限りのログを残すことにより、人生の足跡を刻んでいこうではないか、という感じです。

SNSなどでも周りの人達が楽しそうに見えて、自分に楽しい要素は何かあるのかなあとかそんな漠然とした不安から、とりあえずブログに書き溜めたら「ほら、このぐらいは楽しんできただろ」と慰めることができるような、そんな気がして。

所属している会社ありきの自分っていうのがそろそろ辛くなってきたので、自分が何者かをもう少し世の中に知らしめておく、そういう気持ちでブログからスタートします。

現場からは以上です。

大学受験ってのは悪くなかったよ

ラジオは受験ネタです。時期的には1月~3月がおいしいネタな気がしますがそれはそれ、これはこれ。このところモチベーションというモチベーションが溶けてしまい、やる気というやる気が消え失せかけてしまっています、まいったまいった。


sageszkのなにかしら#09

何故あの時あんなにがんばっていたのか、あるいはがんばることが出来ていたのか、そんなことを思い出しながら喋った、というわけでは決してありません。ただ、ふと話したくなったネタだから、それだけの話です。

続けることに意味がある、続けることが才能、みたいなことをよく言いますが、続けることが一番難しい。「何を求められているのかなあ」とか「何を提供することができるのかなあ」というようなことを思うと何もできなくなってしまい、結果的に続かなくなる。そんなことが10年も20年も続けば流石に気が付きます。「思い立ったが吉日」と。

とはいえ「誰もお前に何も求めていないよ」と思われながら続けられるタイプの特殊な人間ではないので、ブログを書く勢いで音声も残す、という気持ちに切り替えました。ほら、ブログなら読まれなくて当然という気持ちでも書けるじゃないですか。いわば音声つきブログみたいなスタンスです。そんな感じで、人の作業を邪魔しない程度に、でもちょっとだけ気分転換になるように、そして何か得た気がするけどきっとそれは気のせい、みたいな15分程度の音声データを作成していきたいですね。

ちなみに今回、ラジオで触れた参考書『現代文SOS』ですが、絶版でお高いものになっているようです。自分が現役のときすでに絶版になっていて、たしか復刊ドットコムにも名前が挙がってた気がするんですが、復刊されていないようですね。実家の近所にあった、もう潰れてしまった古本屋でたまたま見つけて、300円ぐらいで購入したんですが、実用的であり、プレミア価格もついてるという掘り出し物でした。

ここまで録って出しするなら生配信したほうがええやん、という気分にもなりますが、それはまた別のお話。でも、いつか機会見つけてやりたいですね。ただの雑談ですけども。全部生配信してたら『ユーリ!!! on ICE』回とか『けものフレンズ』回がお蔵入りせずに済んだのにね!

PS:誰に、というわけでもなくですが、生配信に関しては諸々相談乗れますのでよろしければお声掛けください。

iPad買ってみたりした話

雑に、という言葉の定義をまだしていないんですが、それはそのうちやりましょう。“雑”の心意気については話すほうが尺が稼げるからそうさせていただきまして、ラジオについての限定的な“雑”はBGM載せないのと、編集しない、というのの2点を心がけています。なんのためだかわからないけど数をこなそうという意識の現れですね。


sageszkのなにかしら#08


今回は、ここ半年ぐらい気が狂ったように触り続けているアプリゲームの話を中心にしています。喋るためのネタって、放っとくとアニメの話にしかならなさそうな気がしてきたので、もうちょっと視野広げられるようにしてみます。特定のネタしかないというのも悪くはないですが、そうしないようにというのはこちら側の気分の問題でしょう。

iPad、買ってはみたもののまだまだ使いこむには時間がかかりそうな気がしています。「これええやん」と思って店頭で買ったケースがオートスリープに対応してなくてちょっと気が萎えていたりする程度には使い込めていません。今のところWi-Fi専用のデカイiPhoneぐらいの感じなので、iPadひとつでどこまでできるのかを見極めていきたいと思います。別にPCを完全に捨てるわけじゃなく、作業に応じてデバイス変えられたらいいな思っていて、その選択肢としてiPadがアリかナシか、というのが知りたいんですよ。

sageszk.github.io


みたいな話をしました。

春からは雑に

久々にやってみました。


sageszkのなにかしら#07


やりたいなあと心に思いつつ3ヶ月ちょっと。ここしばらく忙しかったりしていてそういう時間がなかなか取れませんでした。誠に遺憾です。ネタ切れではなく、時間切れでした。

これからは、短めに、雑に、録ったものをそのまま出していくスタイルでやっていこうかと思います。もっとも、次回更新日が1週間以内に訪れるとは限りませんが。

今回は、『花咲くいろは』『SHIROBAKO』からの『サクラクエスト』みたいな話を軽く話しました。P.A.WORKSの働く女の子シリーズの3作目が春から放送されるということで1話観ました。『SHIROBAKO』を何度も何度も観たので、ついでにNetflixで更新されてた『花咲くいろは』を劇場版までざっと観て、『サクラクエスト』観て、というのをこの2週間ぐらいの深夜に行っていました。しばらく、毎週継続してアニメ観ることすら出来ていなかったので、春アニメは何作か追えたらいいなあと思っています。

久々に会った人から「ラジオ聞いたよ」とか言われるのがなんとも言えない新鮮な気持ち。そう言われる度に、実はアップしてないやつを2回ほど録音はしてるんですが、編集しなきゃなあと思ってたら面倒になってそのままお蔵入り。ただの独り言になりました。

という感じで、極力雑にやります。

sageszk.github.io

プリズムの煌めきはいつもここに

年の瀬になってしまいました。

もう2016年も終了間近、2017年とかいう未来がやってきます。2017、素数


sageszkのなにかしら#06


今回、訳ありまして、ひたすら『プリティーリズム』について話してます。本編とは関係ない部分ですが、前回に引き続きスカイプ用のマイクを使ったため、どうしても音質が気になるので、次回、来月、来年、から改善します。申し訳ない。

本当なら、というか、数字がほしいだけなら、キンプリ全盛期に行動しておけよという話なのですが、数字自体はそこまで気にしてないのでこういう時期になりました。『プリティーリズム』は、元々ニコニコ動画でコメントと合わせてネタ的に、笑いながら観てたのですが、後半から急に怒涛の展開が押し寄せてくるので妙にツボにハマってしまったというのが事の発端だったりします。

あるいは、『人造昆虫カブトボーグVxV』とか『探偵オペラミルキィホームズ』とか『カードファイト!!ヴァンガード』とか、オープニングのコメントに統一感のある作品を観ていて、その流れとして観てたような気もするのですが、まさか女児向けのアニメにハマるとは思ってもおらず。同じ女児向けとはいえ『プリキュア』はある程度大人に向けても作っているというウワサも耳にするうえに、シリーズモノなので歴史もあるので知識として触れてきている人も多いと思うのです。一方『プリティーリズム』は、狙って見つけないと触れることはないが、確実にファンの心は掴んでいるというタイプの作品。知名度的には『アイカツ!』のほうが上だったり、後継作『プリパラ』のほうが知られてたりするかと思います。が、ここであえての『プリティーリズム』。

6. sageszkのなにかしら 第6回 | sageszkのなにかしら


自分的には、インターネットにおいてはど真ん中のアニメばかり観てきたつもりだったのですが、ここにきて大変ニッチな市場に飛び込んでしまっている気がします。以後、ニッチなアニメにどっぷり浸かっていくのですが、それはまた別のお話。ともあれ、新作アニメがガンガン作られつつ、延期や中止も多い昨今、こうして4クール、1年続くアニメを観られるというのは大変貴重な体験だと思います。なんでもいいから、というと無責任ですが、たまにはじっくり50話を越える物語にお付き合いしてみてはいかがでしょうか。

それでは、良いお年を。